プラットフォームの名称とリリース日について

プラットフォームの名称とリリース日について

プラットフォームのリリースに関しまして

平素はえくすこプロジェクトへの厚いご支援を賜り誠にありがとうございます。

この度、プラットフォームのリリースにつきまして二点お知らせがございます。

まず、リリース日につきまして
ロードマップとして設定していたベータリリースですが、実際に投げ銭や決済などを金銭を扱うサービスがβ版であることの信頼性の問題などを考慮し、オープンベータリリースは見送りさせていただくことにいたしました。
そして、10月中予定であった正式サービス版を、1ヶ月前倒しする形で公開することといたします。
リリース日は2018年9月28日です。

また、名称につきまして、プラットフォームの目玉機能でもある二次創作の還元機能によりフォーカスし
名称からも二次創作=fan ficをサポートするプラットフォームであることがわかる名称へと変更することを決定いたしました。
新名称は

『Fantasfic』(ファンタスフィック)

Fan、fantastic、fiction(創作)を合わせた、創作の楽しさ、素晴らしさを表現した名称です。

ロゴデザインではFan+fic(+ は、たす)と表現することで、Fan ficがよりわかりやすいデザインとなっております。

fantasfic!が二次創作に対する称賛の言葉として使われるよう、サービスとともに浸透させていきたいと考えています!

もちろん二次創作だけにフォーカスしているのではなく、誰もがオリジナルを制作することで、原作者となれます。その部分をよりプッシュしていきたいと思います。

リリース日及びサービス名称の決定にあわせまして、8月末よりTwitterを活用した事前登録キャンペーンを実施し、認知の拡大を図ってまいります。
なお、キャンペーンページ内にはコンセプトアートギャラリーとして、実際に制限された一部の機能を試用できるデモサイトをオープン予定です。

β版公開の代わりにこのデモサイトでFantasficの雰囲気を味わってみていただければ幸いです。

皆さまのキャンペーンへのご参加、拡散のご協力をお願い申し上げます。