RoundTableリリース日決定のお知らせ

RoundTableリリース日決定のお知らせ

開発するDappSNS「RoundTable」のβリリースが2018年6月30日に決定いたしました。

RoundTableは、GoogleChromeの拡張機能MetamaskやDappブラウザを利用してログインする 無料のテキストチャットコミュニティです。 また、それぞれのコミュニティには、全てのERC20/721準拠トークンを入室条件として設定可能です。 条件の判定は、ログインに使用したアドレス内のトークンを参照します。コミュニティ内には、さらにチャットルームを複数生成可能です。

以下、ご利用に際して気になるポイントをQ&Aとしてまとめました。

///////////////////////////////////

Q.スマートフォンから利用可能ですか?

A.TrustWallet、CipherなどのDappブラウザをインストールしていただくことで、RoundTableのブラウザ版がご利用いただけます。 アプリ版は今後リリース予定です。

 

Q.ログイン時や、条件付きのコミュニティへの入室時にETHや条件のトークンが消費されますか?

A.されません。RoundTableへのログインや条件付きのコミュニティへの入室で、トークンやGasが消費されることは一切ありません。

 

Q.ウォレットの秘密鍵の流出が心配です。

A.RoundTableでは、Dappの機能を利用し、秘密鍵のやり取りをせずログイン処理を行う機能を実装しています。RoundTableへのログイン、コミュニティへの入室で秘密鍵が送信されることはありません。

 

Q.投げ銭は出来ますか?

A.βリリースでは未実装ですが、今後実装予定です。 なお設定でログイン中のETHアドレスを表示させることが出来ますので、別途外部ウォレットを使用し送金することは可能です。

 

Q.トークンをハードウェアウォレットに保管しています。ハードウェアウォレットなどでのログインは可能になりますか?

A.βリリース後順次実装予定です。将来的には、MyEtherWalletで使用されているようなログイン手段は全て実装可能です。

 

Q.所有していないトークンを条件に設定してコミュニティを作成できますか?

A.作成できるのはアドレス内に所有しているトークンのみとなります。

 

Q.コミュニティ管理者を増やせますか?

A.βリリース後順次実装予定です。

 

///////////////////////////////////